旨い魚をいろいろ美味しく!

中羽いわしが手に入ったら鰯の梅煮 ~脂の少ない鰯を梅煮で美味しく!~

ご承知のように、イワシは真イワシ(ナナツボシ)、片口イワシ(刺身にすると最も美味しい)、うるめイワシ(干物で有名)の3種がいます。また、マイワシはその大きさにより、小羽(12cm以下)、中羽(15cm前後)、大羽(18cm以上)と呼ばれます。


中羽イワシが手に入ったら、梅煮という料理をおすすめします。
中羽と言うと大体15cm程度のものを言いますが、これを焼いても脂がのっていません。
そこで、おいしく食べる方法として「梅煮」になさってみて下さい。

【手順】
①頭と内臓を取ったイワシを霜降りにします。

②冷水にとり、静かに内臓の汚れや、表面のぬるぬるをきれいに落とします。

③6:1:1=(酒+水):醤油:みりんに、梅干し2個を入れて落とし蓋をして10分煮ます。

④生姜は最後の方に入れます。

梅干しの酢が利いて骨まで軟らかくなります。
梅干しを使わずに酢を入れるやりかたもあります。

おすすめ商品
surimi
おすすめ商品
価格: ¥1,300(税込)
kobujime-baigai
おすすめ商品
価格: ¥2,200(税込)
ayu1
おすすめ商品
価格: ¥3,500(税込)