お魚よもやま話

イカの吸盤とタコの吸盤 ~両者の吸盤の構造はまったく異なります~

イカやタコの腕には、どちらにもびっしりと吸盤が付いています。
一見すると両者の吸盤は、大きさが違うだけに思えるかもしれませんが、吸盤の構造には大きな違いがあります。


<タコの吸盤>

<イカの吸盤>

例えば、死んだタコの吸盤に指を近づけてもくっつきませんが、イカの場合は、死んだイカの吸盤でも指を近づけると吸い付かれてしまいます。

これは、イカの吸盤には、かたい歯の生えたリングがあり、筋肉を
動かさなくても吸盤で物をひっかけることができるのに対し、タコは
筋肉の動きで吸盤の中を真空にし、ものを吸い寄せているからです。
ですから、タコは死んでしまうと吸盤を動かせなくなって、ものを
吸いつけられなくなります。

なぜイカには、ザラザラとした角質リングが付いているのでしょうか。

それは、泳ぎながら獲物を捕らえるイカが、獲物を素早く捕らえて
逃がさないようにするためです。
そのために、吸盤に歯がついた角質リングが必要なのです。

なお、イカのゲソを調理する際には、この吸盤の部分を念入りに洗い、角質リングを取り除いておかないとザラザラとした食感が残り、口当たりが悪くなってしまいます。

一方、タコの吸盤はよく動く筋肉で出来ているため、シコシコと歯触りが良く、美味しく食べることが出来るのです。

お取扱商品一覧はこちら
おすすめ商品
surimi
おすすめ商品
価格: ¥1,300(税込)
kobujime-baigai
おすすめ商品
価格: ¥1,400(税込)
ayu1
おすすめ商品
価格: ¥3,500(税込)