旨い魚をいろいろ美味しく!

寒ブリの刺身を厚切りで ~冬のブリはマグロを凌ぐ~

寒ブリの刺身は、うっすらピンクの砂ずり(腹身)と赤身(背身)の厚切りでいただきましょう。

砂ずり(腹身)は、脂そのものですが、しっかりとした歯応えがあり、口の中で節度ある溶け方をします。
養殖魚の大トロは、脂まみれの感じで、一切れで「もういいや」となるのですが、それが全くありません。
上品ですばらしい味わいです。

赤身(背身)は、カツオやマグロは同じ赤身で鉄に似た酸味がありますが、ブリの赤身には甘みがあります。厚切りにしてあると(あればこそ)それがよくわかります。

おすすめ商品
surimi
おすすめ商品
価格: ¥1,300(税込)
kobujime-baigai
おすすめ商品
価格: ¥2,200(税込)
ayu1
おすすめ商品
価格: ¥3,500(税込)