富山湾のお魚プロフィール 旨い魚をいろいろ美味しく! お魚よもやま話 富山ってどんなとこ?(観光・文化・歴史)

営業日カレンダー

今月(2018年10月)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
翌月(2018年11月)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
黄色の□印は休業日となります。
インターネットでのご注文は24時間受け付けております。

お電話でのご注文

0766-75-4473

【受付時間】10:00~20:00

FAXでのご注文

0766-75-3387
注文書(PDF)をダウンロードする(印刷してご使用ください)

プロフィール

煮つけはダントツ1番!~神出鬼没の高級魚~
キジハタ
<キジハタ(アコウ)>

朱色の斑点があり、雉(キジ)のような紋様を持つハタ科の魚であることから、キジハタと呼ばれます。関西では「アコウ」と呼ばれます。ハタ科の魚では、クエに次いで美味しいと言われます。

美味な魚であり、高級魚なので、大形魚は店頭に並ばずに高級料亭に直行します。旬は初夏~夏。刺身が一番で、薄造りがおすすめ。また、その白身の透明感から視覚も一緒に楽しめます。

最盛期は秋で台風の後(海が荒れた後)に、定置網や刺し網に多くはいりますが、これは普段岸近くの岩礁地帯にいるものが、体が擦れ合うことを避けて、岩礁地帯から出て浅瀬に回遊してくるためと思われます。
刺し網漁師は、その天候を予測し、前日に網を仕掛け翌朝に揚げると大漁に掛ります。しかし、キジハタは2~3日でいなくなってしまいます。このようにパッと現れてパッといなくなることから、黒部ではキジハタを「山鳥(やまどり)」と呼びます。

薄造りは「夏のフグ」とも言われポン酢や柑橘類を落とした醤油が合います。他に煮付けも美味しいです。どんな魚の煮付けが一番美味しい?という問いの答えは、断トツでキジハタです。だれも異論はなさそうです。
大型が入荷した時に、お奨めしたいのは刺身に取ったあとの頭、カマの酒蒸しです。口周りや目玉の奥などにたっぷりとゼラチンがついています。皮もうまいし、皮の下には驚くほどたくさんの身が隠れています。 アラは良質の出汁(ダシ)がとれるので、「潮汁」もお薦めです。
この魚は、富山湾では比較的多く漁獲されており、高価な魚ですが、価格に見合う最高の味わいです。

お取扱商品のご紹介はこちら
お取扱商品一覧はこちら
おすすめ商品
dojyo
おすすめ商品
価格: ¥1,100(税込)
sengyo
おすすめ商品
価格: ¥5,000(税込)
kobujime-suzuki
おすすめ商品
価格: ¥2,100(税込)
ayu1
おすすめ商品
価格: ¥3,500(税込)