富山湾のお魚プロフィール 旨い魚をいろいろ美味しく! お魚よもやま話 富山ってどんなとこ?(観光・文化・歴史)

営業日カレンダー

今月(2018年7月)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
翌月(2018年8月)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
黄色の□印は休業日となります。
インターネットでのご注文は24時間受け付けております。

お電話でのご注文

0766-75-4473

【受付時間】10:00~20:00

FAXでのご注文

0766-75-3387
注文書(PDF)をダウンロードする(印刷してご使用ください)

富山ってこんなところ

日本一とうたわれた神通川の舟橋
  ~64艘の渡し舟をつないだ橋~

富山県で最大の河川である神通川は、富山平野の背後にそびえる3,000m級の山々に水源を持ち、そこから一気に富山湾まで流れ込むとても流れの速い川です。

さらに春先ともなれば、大量の雪解け水で増水し、川幅は洪水のように広がり、橋の掛けにくい川でした。


「神通川 舟橋の図」 松浦守美(1824~1886)

そんな神通川に「舟渡し」が設置されたのは、富山城が築城された天文年間とされています。
城主 佐々成政(さっさなりまさ)も、五艘の舟を設けて「舟渡し」の便宜をはかり船賃を徴収していました。
神通川の近くには「五艘(ごそう)」という地名がありますが、この「五艘の渡し舟」に由来すると言われています。

この「舟渡し」を止めて、「舟橋」に変えたのは前田利長が
富山城下町を開いた慶長10年(1605年)の頃とされています。

始めは32艘の舟を並べて、板を置いただけの舟橋でしたが、その後、規模が拡大され、52艘の舟を太綱で繋ぎ、その上に木の板を3枚づつ並べ人を通らせました。

その後、太綱は激しい流水により鉄鎖2条になり舟も64艘になりましたが、橋から落ちて亡くなる人が絶えず、板は5枚に、さらに7枚と増やされていきました。


<明治以前に描かれたもの 対岸には富山城>

舟橋を渡る多くの人々、川で漁をする人達、富山城下の繁栄の様子が描かれています。
後ろは立山連峰。

北陸道の陸上輸送と神通川の河川輸送の接点でもあり、物と人の往来で賑わいましたが、近代化に伴う交通量の増大、架橋土木技術の進歩等から、明治15年(1882年)「木橋」に架け替えられ、舟橋はその姿を消すこととなりました。



<現存する当時の常夜灯(絵にも大きく描かれている。 橋の両方のたもとに置かれた)>

現在もその名残りとして残る舟橋北町の常夜灯(写真左)と七軒町の常夜灯(写真右)の間が、舟橋がかかっていた場所であり、2つの常夜灯の間は約200mほどありますが、これが昔の神通川の川幅であったのです。

お取扱商品一覧はこちら