富山湾のお魚プロフィール 旨い魚をいろいろ美味しく! お魚よもやま話 富山ってどんなとこ?(観光・文化・歴史)

営業日カレンダー

今月(2018年11月)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
翌月(2018年12月)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
黄色の□印は休業日となります。
インターネットでのご注文は24時間受け付けております。

お電話でのご注文

0766-75-4473

【受付時間】10:00~20:00

FAXでのご注文

0766-75-3387
注文書(PDF)をダウンロードする(印刷してご使用ください)

プロフィール

まさに黒いダイヤ

マグロは世界の温かい海を大回遊しています。

その中で日本の近海に現れるのは、クロマグロ(本マグロ)、メバチ、キハダ、
ビンナガ(ビンチョウ)、コシナガの5種類です。

他にインドマグロ(ミナミマグロ)ですが、これは南半球にだけ分布するマグロです。


【本マグロ(クロマグロ)】

そんなマグロたちの中でも最高峰、本物とされるのはクロマグロです。
別名、本マグロ。

単にマグロといえばクロマグロを指します。マグロの中でも最も高い価格で取引されます。

その黒光りする背の光沢の美しい魚体は、まさに黒いダイヤです。

人気ナンバーワンの魚で、あの綺麗な赤色、程良く脂の乗った中トロ、食欲をそそります。

日本海も回遊路であり、能登沖を北上し、富山湾では5~7月を中心に、定置網で漁獲されます。

マグロと呼ばれるのは30kg以上の魚体(それ以下はメジマグロ)で、150kgを超えるものは築地に出ていき、それ以下のものは地元で消費されます。

小さくてもマグロはマグロ。 30kgにもなると、トロもしっかり有り、何よりも赤みの美味しさを存分に味わえます。

本マグロは、何といっても刺身(赤身、中トロ、トロ)に尽きますね。

魚殿は、富山湾から産地ならではの手頃な価格でお届けします。

お取扱商品のご紹介はこちら
お取扱商品一覧はこちら
おすすめ商品
futomaki-konbu
おすすめ商品
価格: ¥470(税込)
sengyo
おすすめ商品
価格: ¥5,000(税込)
kobujime-amaebi
おすすめ商品
価格: ¥2,000(税込)
ichiya
おすすめ商品
価格: ¥3,000(税込)