富山湾のお魚プロフィール 旨い魚をいろいろ美味しく! お魚よもやま話 富山ってどんなとこ?(観光・文化・歴史)

営業日カレンダー

今月(2018年12月)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
翌月(2019年1月)
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
黄色の□印は休業日となります。
インターネットでのご注文は24時間受け付けております。

お電話でのご注文

0766-75-4473

【受付時間】10:00~20:00

FAXでのご注文

0766-75-3387
注文書(PDF)をダウンロードする(印刷してご使用ください)

お魚よもやま話

旬とは嬉しいもの

<春の旬魚>

<夏の旬魚>

<秋の旬魚>

<冬の旬魚>

旬とは、
 1.大量に獲れてよく市場に出回るため値段も安価である時期
 2.タンパク質、脂も乗り、最も栄養、旨味がある時期
のことを言い、魚好きにとって嬉しい時期です。

一方、1.の時期(季節)を先取りする”はしり”と呼ばれるものは、初物や産地からの初入荷品で希少性から高価になります。
魚介類の場合、1.と2.の時期がしばしば混同され、多獲される時期に旨くなると思われていることが多いようですが、実際は全く一致しない場合が少なくありません。
例えば、真鯛やサワラ(鰆)は春に産卵回遊して多獲されるので春が旬とされることが多いですが産卵期である春は、生殖腺の発達のために、体の栄養を奪われて肥満度が低下し身質が最上ではありません。本当に脂が乗って肥満度が増加して美味しくなるのは夏以降です。

しかし、1.も2.もそれぞれに私たち魚好きにとって嬉しい時期であることに変わりはなく、魚種によっては旬が2回あります(多獲で出盛り期と脂が乗って旨い時期)。例えば、上りカツオに戻りカツオ、土用シジミに寒シジミのように。

近年、魚介類の乱獲や地球温暖化による異常気象の影響、冷凍技術と養殖技術の発達輸入魚介類の増加等により、旬がわかりにくくなっています。

日本ほど、こんなに季節がはっきりしているところはありません。四方を海に囲まれ、四季の移ろいの中に食卓に登場してくれる魚介類に感謝したいものです。

尚、富山湾の代表的な旬魚は、
春:ホタルイカ、白エビ、バイ貝、メバル(ハチメ)、ニギス、
  サヨリ
 など
夏:ノドグロ、岩牡蠣、本マグロ、アジ、真鯛、カンパチ、
  スズキ
 など
秋:アオリイカ、カマス、ワタリガニ、福来魚、ヒラマサ、
  クロダイ
 など
冬:ブリ、真鱈、本ズワイガニ、甘エビ、トラフグ、サバ、牡蠣、
  アンコウ、カワハギ
 など

魚殿は、富山湾の旬にこだわり、富山湾の旬をお届けし、「美味しい」と感動していただくことがお店の役割だと考えています。

お取扱商品一覧はこちら
おすすめ商品
futomaki-konbu
おすすめ商品
価格: ¥470(税込)
sengyo
おすすめ商品
価格: ¥5,000(税込)
kobujime-amaebi
おすすめ商品
価格: ¥2,000(税込)
ichiya
おすすめ商品
価格: ¥3,000(税込)